日本語ONLY!NatsumiのギリホリLIFE

2018.3.1~、ニュージーランドはオークランドにてワーキングホリデーを始めました!英語は、文法めちゃくちゃ、知っている単語を並べることしか出来ません!But,私コミュニケーション力だけはあります!言葉が通じない環境でどれだけ自分が成長できるか、試してみたいと思います♡

ド喧嘩の後のランチ

ニコちゃんの運転するバイクに乗って、あるレストランに行きました。





でも、着いた途端、喧嘩勃発!!!







地図見てた私、左側にお店がもうすぐ見えるってわかってたんですが、何件かあって、どれだかわからなくて。




どこで「ここだよ!」って言っていいかわからなくって、ちょっと身を乗り出してこのあたりだと指さした。







止まった後、そのことでひどく怒ってるニコちゃん。



そのアクションは危ないんだから、絶対やらないで!!と、身振り手振り派手に私に怒ってる。






いや、そんなに怒らなくても言い方あるだろ?と私の言い分。




自分の心に余裕がないから(道、いっぱいバイクも車もいたから)あんな言い方になるんだと思う。







で、私がオーストラリアでニコちゃんから離れた時も、



「あなたは怒りすぎだ。私は怒ってる人が嫌いだ。」



って伝えてた。






のに。



戻ってすぐこれかい。






悲しくなってきたのと、わかってるけど、人の性格って変わらないんだよなー。って。







「今のその態度が大嫌い。怒らないで、ちゃんと話をしてほしいし私の話も聞いてほしい。」




と言ったけど、ヒートアップしてて伝わらない。







ので、私はバイクの鍵をニコちゃんに何度もたたきつけ、手をつかみまくった!!!




私はおかまいなく叩きまくった。←逆DVかって!!!







この一連の騒ぎは、多分15分はしてたと思う。




このレストランの駐車場で。







。。。すみません!!!




大声出してすみませんね!!!







最終的に、私の気持ちを理解してくれたようで。






ニコちゃんは私をハグし、



「僕が悪かった、本当に本当にごめんね。」



と、自分の非をごめんと言えるようになったんだな、と変化を感じたのでした←限りなく上から目線だな!!!






でも、怒ってないんだって、これ。



伝えてるだけなんだって。






私も彼を理解する必要ありだな。









仲直り後、私たちは店内に入りすっかりいい気分に♡





f:id:blue723moon:20181112100123j:plain


なんて素敵なレストランだろう♡





f:id:blue723moon:20181112100209j:plain

インテリアとか、女子が超大好きなものばっかりです!






ここはアジア系フードが強いので、私は





f:id:blue723moon:20181112100327j:plain

トムヤムクン~♡




無性にスパイシーなものが食べたかったのだ!!!







あとは色々と、ですが、






f:id:blue723moon:20181112100417j:plain

ベトナムコーヒー♡





恋しかったよあんた!!



ベトナムコーヒー大好き♡





f:id:blue723moon:20181112100518j:plain

ニコちゃんもお箸が使えるようです。





f:id:blue723moon:20181112100627j:plain

カクテルも♡






いきなりどっさぁぁぁぁーーーとスコールがきましたが!



f:id:blue723moon:20181112100727j:plain



中だったので大丈夫♡









・・ただ。




二人とも、ヘルメットを外に置いてた上に逆さにしてたので、ヘルメットの中にいーーーっぱい水が溜まってました!笑








二人とも、半笑いですっ…とヘルメットをかぶり・・




着いてすぐにシャワーを浴びました!!








なかなか濃いランチタイムだった。。笑

再スタート! (続)天然ニコ

えー、読者の皆さん。



皆さんご存知のとおり、びっくりするくらい天然ニコちゃん。






以前はキレだすとほんとに嫌になってたりしましたが・・



私も心改め、限りなくポジティブでいようと誓ったんです!






ある意味、毎日こんなにネタを提供してくれる人って貴重やん!!ってなって。笑












・バイクにキレるニコちゃん




宿がバイクを貸し出していて、1日5ドルでレンタルできるのでお借りしました。




徒歩圏内何もないけど、バイクなら街中にも出られる!






ってなわけでレッツゴー!!






ドライバーニコちゃん、後ろ私ね!









この宿の周り、なんていう??




道の途中に、でこぼこ?縁石を小さくしたようなのがボコってしてるとこが、50mに1個間隔であるんですね。





これ、バイク乗ってたらまじでボコッ!ドカン!って衝撃がくるんです。








まず、乗ってしょっぱなからこのデコボコにマジギレ!





「ぽるかまっっどぉぉぉーーーーーんなっっ!!!!!」







はい出たーー。



久しぶりに聞いたそれーー!






デコボコの度に速度遅くしないといけないので、とにかく煩わしいみたい。






ブゥゥゥゥーーーーン!と走りながら、



「ぽるかまっっっどぉぉ--んなっっ!!」



を連呼。






後ろの私、面白くなってきて常に半笑い状態。。笑








すると、ほどなくしてニコちゃんストップ。






「んもーーイライラする!!!運転するのがストレスだからここから歩こう。」









えーーーーーー








ぼこぼこなくなるとこまで歩きました。




歩きは歩きなんですが、エンジンつけっぱの歩きね。







f:id:blue723moon:20181112094826j:plain

↑この状態ね。







ブルンブルンと言わせながら、ヘルメット装備のニコちゃんはキレながら歩きます。




時たま、回し過ぎて”とっとっとーー”と、自分がバイクに連れられていました。










もーね、この後ろを歩くのの辛いこと!!




笑いすぎてお腹痛いんですけど!!!笑












・ひとりでウケてる



なんか、再会してからやたらとひとりでウケてるんですよ。




さ・・さみしすぎて独り言ばっか言ってたのかな。。。笑









この間、ほんと前触れなく突然私に向かって、




「だーりんだーりんだーりんちゃーーんっっっ!!」



って言ってきた。






満面の笑みで。








だーりん×3回繰り返し過ぎな気が!!!








で、私が何か言い出す前に





「ふふふっ!!!」











ウケてるーー!!!



一人でめっちゃウケてるーーー!!!笑







なんで3回繰り返したのかは、あえて聞かなかったので謎です。笑









・ヘッドフォン1



目覚めたら、たいがい隣にニコちゃんがいない。





相変わらずモーニングパーソンなので、朝早いんですね。




いつもは出たすぐのテラスにいたり、私を起こしに来たりするんですが。









ある日、起きてトイレに行こうとドアを開けたら・・・





ヘッドフォンつけて、ノリッノリで身振り手振りつけて歩きながら小躍りしてるニコちゃんが!!!








(゜Δ゜)!!!!!!










見てはいけないものを見たような気がしたけれど、めっちゃ興味あるからじーーーっと見てた。






この早朝、朝っぱらからバスルームで一人で小躍りなんて、めっちゃシュールやん。







しばらくしてニコちゃん、私の視線に気付いた。






「あ、だーりん!オハヨウ!」










・・思わずケラケラ笑いながらハグ!!




この存在自体がもうなんていうの、ね!!!








恥ずかしいか聞いてみたら、恥ずかしくないって言ってた。











・ヘッドフォン2



同じベッドの上で、私は座って、彼は寝転んでいる。







彼は、例のヘッドフォンをつけて、スマホを横に向けて画面を見てる。





↑この感じ、音楽聴いてるor動画見てると思いますよね?



このヘッドフォンは、こないだまで一緒だったルームメイトが餞別にくれたいい音の物だって言ってたし。







で、突然「だーりん。」と呼ばれたので、近付いて



「何聴いてるの?」



と尋ねると、ニヤッとしたニコちゃん。







画面を見ると・・・



いつも堂々としてるゲームの画面。。








なぜだ。



なんでわざわざヘッドフォンつけてゲームしてるんだろう??




このゲームはBGMもなくて静かで、いつも普通にしてるのに・・






なんでわざわざ高音質のヘッドフォンで聴いてるんだろう、わざわざ。。笑






ほんとに謎が多くて飽きない人だわ。笑

バリでのスローライフ

【リアルタイム】


無事にイタリアに着いてます!!



おいおい紹介させてもらえたらと思いますが、最高の環境を準備してもらえました。



感動しきりです。





素晴らしい、あたたかいニコちゃんの家族の皆さん。



そして、魅惑のイタリア家庭料理。




グラッツェ!!





無事ですからねー!!♡
















久々の再会に、ちょっと緊張した。



嬉しさと、恥ずかしさと、初めての距離感。





オーストラリアでのワーホリを終えたニコちゃんは、なんとなく達成感に包まれていた。









お互いに、初めてのインドネシア






とはいえ、ここは東南アジア。




1ヵ月東南アジアをラウンドしてた私は、今までの国で一番田舎だな~というイメージで。






一方のニコちゃんは、このド湿気にイライラしてた。






そう、オーストラリアは暑いけどほとんど湿気がない。




それに慣れてたニコちゃんは、しばしばこの湿気と戦ってた。








f:id:blue723moon:20181112085351j:plain

それにしても、来たかったバリ♡







なんとなーく、沖縄(八重山)を連想させるような雰囲気。




もっとハワイ感あるのかななんて思ってたけど、意外に沖縄に近かった!








ここの宿は、オールバンガロー。




ニコちゃんが見つけてくれて、即予約してくれてました!








素敵なプールがあるのが特徴です。


f:id:blue723moon:20181112090244j:plain






ここのプールサイドで、風に吹かれて過ごす。





たまに泳いだりして。





f:id:blue723moon:20181112090456j:plain

のんびりたまらんな~♡









そんでね、ここの併設されてるレストランがいい感じなんです!




どれをとってもハズレがない!!


f:id:blue723moon:20181112090607j:plain


f:id:blue723moon:20181112090658j:plain


f:id:blue723moon:20181112090748j:plain


f:id:blue723moon:20181112090918j:plain


他のレストランも2件くらい行ってみたけど、ここが一番!!






f:id:blue723moon:20181112091019j:plain

中庭がほんと雰囲気あっていい感じだし、この宿からほぼほぼ出ませんでした。笑






自分のバンガローのテラスで、スロー音楽流してずーーーっとなんかしてたり。




f:id:blue723moon:20181112094457j:plain

ビール飲んでたり、話したり。








周りが結構田舎なところで、徒歩圏内ぜーんぶ田舎!





街中にはほぼ出ずでした。








とにかくスローライフ




皆さん、スローライフ極めるならバリですよ!!










写真多めですねー!




それくらい、言葉にできないほどのーーーんびりしてたんです。笑








でもでも!!



次回、久々の「天然ニコ」シリーズをお届けしますね!!!





久しぶりに一緒に過ごすと、もう毎日がネタです。。笑

リアルタイム報告!

ブログが全然追いついてませんが!!笑



今日で1週間のバリライフ終了!





遂に私、今夜のフライトでイタリアに飛びます!!






f:id:blue723moon:20181112131458j:plain

ありがとう、バリ!!








今の心境は、人生初のイタリアにワクワク♡




ひとまずは楽しんできますね♡!!





行ってきまーーーす!!







PS.


昨日から様子がおかしいニコちゃん。



何かと思って聞いてみたら、






「飛行機、怖い。」







そっか、飛行機が怖かったのか。





彼のスマホ画面には、調べ上げた航空会社の事故発生経歴がつらつらと書かれていました。



私たちの航空会社はわりと無事らしい←まっったくもって気にしない私。笑笑





怖がるニコちゃんの隣で、お母さん役してこようと思います!!

再会。

カエル騒動の後、真夜中すぎに彼は現れた。




スタッフに大きなスーツケースを持ってもらいながら。








この暑いのに、何故か長袖のパーカーを身にまとっていた。








登場です、読者の皆さんも知ってるこの人。
























f:id:blue723moon:20181111173859j:plain


ニコちゃん!!!










あ、予想ついてましたか??





ついてた方、ここまで引っ張ってすみません!!!










そうです、1ヵ月ぶりのニコちゃん。











実は・・




マレーシア終盤あたりで、彼から連絡がきました。








その内容は、いつになく真面目一徹の文面で。




しかも彼にしてはものすごく長い文章でした。






きっと、この文章を作るのにすごく時間をかけただろうし、いっぱいほんとに色々考えたと思う。










内容は、




もし私からの返信がなくても、これを書かずにはいられないと。



まだやっぱり私のことが好きだってこと。



毎朝、毎晩、いつも私のことを考えてるということ。



そして、寂しすぎて耐えられないということ。



私を手放してしまって、虚無感しかないこと。



自分の人生で(今までも、これからも)一番私が大切で大好きだということ。






その傍らで、ニコちゃんのおじいちゃんが1週間前に亡くなったことも書かれていた。



92歳だから大往生だったけど、お母さんが悲しみに暮れているって。





お母さんもだけど、ニコちゃんもおじいちゃんが大好きだから。



きっと悲しみに暮れて、色々想っていたんだろうなって、それで私に連絡してくれたんだろうなって、安易に想像できた。







私がいない間、彼の生活は全く変わらなかっただろうし。



私が東南アジアを巡っている間もずっと。







そして、文章の最後には、



来月(当時でいう11月)の中旬、僕はイタリアに帰る。



もし許されるなら、一緒にイタリアに来てほしい、って。










突然のメッセージに、私は戸惑った。






何と返事すればいいか、の前に、




”私は何て想ってるんだろう??”



わからなかったので、何度も自分に問った。







一生会わない覚悟でバイバイして、私はオーストラリアを離れた。





でも今、彼が私に尋ねてる。





「イタリアに行きますか?行きませんか?」








実際、以前私は何もイメージできなかった。




し、これでいいのかな??という気持ちが強くて、最終的に彼の元を離れた。







でもね、離れて思ってたんです。



「離れるの、早すぎたかな」


って。






私は、ニコちゃんが怒る度に嫌だった。




私がやめてほしいと言ったことも、したりしてた。




なんかいつも私がお母さんみたいになってたし。







言い出すと、ほんとに色々あるけど。








でもね、



これを理由に離れるの、早かったんじゃないかなって、思うこともありました。






もっと、別の角度から彼を見てもよかったんじゃないかって。



そうすべきだったんじゃないかって。








だってね、ニコちゃんにはいいところがたくさんあるから。




それを、一番近くで見てきたはずの私が、嫌なところが見えただけで離れてしまった。






こんなんじゃ、せっかく会えたのに、いい関係を築けるところなのに。



私は彼の何も大切に出来てなかったんじゃないかなって、反省したりもしてたんです。








そんなこんなで、私は決断を下しました。






「一緒にイタリアに行ってみる」



って。






きっと、それから考えても遅くないんじゃないかって。









だって私は、いつも自由で何も制限がないんだから。




それが本来の姿だから。










で、再び一緒になることを決めた私たちが、再会の場所として選んだのが・・






インドネシアのバリ島だったわけなんですね!!!









バリで再会なんて、自分のことながらなんかすごい。笑




なんていう?ちょっと現実味に欠ける!







でも、私は東南アジア・彼はオーストラリアにいて。




そのちょうど間って、バリいいんじゃない?って思ったんです。









1ヵ月ぶりに会った彼は、御覧の通り、髪が伸びて初めて会ったときを思い出す感じになってました!



で、もちろん何も変わってない。






さて、ここから彼とのバリ島1週間が始まったわけなんです!!









皆様、ご報告が遅くなってしまってすみません。




ここからは、再び彼との暮らし(オーストラリアじゃない編)を綴って行こうと思います。





どうか懲りずにお付き合いの程よろしくお願いします。

自然の姿すぎるでしょうよ!!

ネムーンばりのベッドメイキングがされた部屋で1人。





あの人が到着するまで数時間あったので、私はとりあえず宿のレストランでディナーすることにした。








f:id:blue723moon:20181111172726j:plain

ナシゴレン食べた!




思ったよりもめっちゃ美味しくて、コスパいいなーと思った!









このバンガローは、エアコンがない。





それは、自然の姿で過ごすのがここのコンセプトだからだ。







こだわりいっぱいの造りで、ひどく感動した。







f:id:blue723moon:20181111172923j:plain

バスルームが、ほぼほぼ外にあるって感じなのですよ。






解放感マックス!!!!!








わー早速解放感溢れるトイレで用を足そう♡




と、フタを開けると・・
















ぎゃぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!!!!













でっかいカエルが、内側からこんにちはした!!!!!










ちょっとほんまにやめてーーー!!!





いくらなんでも自然の姿すぎるだろ!!!












私は無我夢中でスタッフの元へ小走りした。





「助けてーーー!!!」








すんごい暇そうなスタッフたちは、なんだなんだと私の話に興味津々。










「カエル!!!!カエルが出た!!!トイレの中から!!!」






私にとってはとんでもない。





でも、彼らにとってはなんてことないようで、







「なんだカエルか。捕まえて食べたらいいさハハハ!!」












・・・






やめて無理ーーーー!!!





食べてくれていいから、とにかく捕まえてとお願いしまくった(よく考えたら、トイレから出てきたカエルを食べるなんて嫌だなおい)。










なんか長い棒を持って部屋に来てくれたけど・・





追いやろうとしてくれたおかげでなんと、ピョン!と部屋に侵入してきた!!!!










Noooooooooooo!!!!!!!













ほんまにやめていただけますか!!!!!





ベッドの下にもぐりこんで見えなくなってしまったやないですか!!!








「あぁ、もうどっか行ったから大丈夫だよ!ハハハ~!」











・・・いや違うだろ!!!





どっか行ってないだろ!!!




ベッドの下におるだろ!!!!!










「Nooooo!!!彼を部屋から追い出してくれるまで、私ここにいられない!!!」





ロフトにあがるハシゴの数段上で、へっぴり腰でうろたえる私。









こどもだましみたいに、




「はーいもうどっか行きましたよ~」




なんて通用しないんだからねっっ!!!







なんたって私はもう32歳で立派な大人なんだからねっっ(逆に威張るな)!!!!









そうこうしてたら、助っ人のおじさんスタッフが現れて。




ビニール袋を持ってきてくれて見事キャッチしてくれました!!!!








よっ!!



今日のヒーロー!!!!



ありがとう!!!!







すごい気さくなスタッフ二人で、一人でいる私に親切に声をかけてくれました。







いや~おそるべしカエル。




二度と現れないでいただきたいわ!!!










カエルは去り、安心して過ごし真夜中を少し過ぎた頃。





遂に、遂にあの人が現れた。











すみません、カエルでだいぶ釈とってしまって長くなったので、続きは次回!!!




想いの他引っ張ってすみません!!!笑笑

バリへ飛ぶ。

タイの次に向かった国。





それは、長年ずーーっと行きたいと思ってた場所、




バリ島。







しかも、それは一人旅ではなく、誰かと一緒に。









そしてそれは、このタイミングで叶うことになりました。














LCC発着ターミナルとして知られている、ドンムアン空港






持っていたUSドルを、インドネシアルピアに変えようとしたら、どこも出来ないらしいのですよ!




いったんタイバーツに変えてから→ルピアに変えないといけないらしい。





ルピアも取り扱いあるんやから対応してよー!なんて思うのでした。





f:id:blue723moon:20181109185500j:plain









バリの空港、デンパサール空港へ。







f:id:blue723moon:20181109185607j:plain


歩いててふとリュックを見たら…





「極度乾燥(しなさい)」




いやもうツッコミどころありすぎてどうするんこれ!!






極度乾燥って結構解釈難しいし、



super dryがどうして極度乾燥やし、



super dryを日本語訳したあたり、ア○ヒスーパードライ意識してるやろーし、



どうして命令形なん?やし、






極め付け、どうしてしなさいに()ついてるん?やし、



それって謙遜してる感じなん?







たまに出くわす日本語ロゴ、めちゃくちゃ面白い。









実は私、かなりラッキーだったみたいで。





デンパサール空港の近くで山火事?があり、




私が出発する2日前まで、空港が閉鎖されていたそうなんです!!!







あっぶなーー!!!笑




あとちょっと早まってたら・・!!!






めっちゃラッキーやん私♡






f:id:blue723moon:20181109185850j:plain






空港に着いて外に出ると、大量の人々が私を出迎えてくれました。





大勢のタクシー運転手たちが!!!!








私が水を買おうとしてコンビニ?に寄っただけで、店内で3人のドライバーに



「タクシー!??」



と話しかけられました。







ちょっと歩く度に、冗談抜きで10歩歩く度に1度は勧誘されます。







そりゃそうか。




こんなでっかい荷物持ってる私は、ドライバーにとって




「カモがネギ背負ってる」姿に映ったことだろう。








でも、私は正規のタクシースタンドを探してるんだ!!




インフォメーションで聞いた方向に歩く度、何度も話しかけられイライラマックス。







両サイドにタクシードライバー



その数、ざっと30人?いや、50人??






まるでレッドカーペットを歩くスターのような歓迎っぷり。




荷物引き取ってから、電話したりのんびりしてたから出てきたの私だけだったんだよねー。








で、その両サイドのドライバーたちは私を(ネギしょったカモを)捕まえるのに必死!!




「オネサン、タクシー!!」


「コンニチハオネサン!!」


「ボクガノセマス!!」






・・・









「Where is a taxi stand!!!!!


I'm just looking for a taxi stand!!!!!


I don't need another taxi!!!!!」








イライラがマックスに達した私は、めっちゃイライラを顔に出してこう叫びながらレッドカーペットを歩いた。




かなり堂々と胸を張ってスーツケースを引っ張って歩いた。








そしたら、大勢のタクシードライバーが一斉に




「ここだよ!!!」




と指さした。










・・・




確かにカウンターだけど、あまりに簡素な気がする。







「ほんとにここで合ってるんだろうね!?」



「ほんとだよ!!」



「ほんとにほんと??」



「だからほんとだってば!!」





「1ヵ月東南アジアにいて、私は人を信じなくなったんだ!!


ほんとのほんとだろうね??


嘘だったら今のうちに言ってよね!!!」




「ほんとにここはタクシースタンドだ!!君はどこに行きたいの??」









大勢のタクシードライバーが、私を囲んでそう言った。






もちろん、全然まだまだ半信半疑の状態で。








とりあえず地図を出そうとスマホを出しながら、




ふと向こうの方を見ると・・






「Taxi stand」











・・・・・






おい!!!!!








「やっぱここ違うやんけ!!!



やっぱあんたたちのこと、一切信用できない!!!」







と言い捨てて、その正規のタクシースタンドに向かったのでした。






お姉さんに




「ここが正規なんですよね??


ほんとのほんとに!!!」





何度も確認して、パンフレットもあることを確認して、やっと安堵した。










1ヵ月東南アジアにいたら、ほんとに初っ端から人を疑うことを身に着けた。




そうじゃないと、本物のカモネギになっちまうぜ日本人諸君!!!








でも、このタクシースタンドすらぼったくりとの噂で。。笑




実際、私が調べて行った金額のおよそ倍の額を提示された。






↑これは、タクシーチケットを買った場合。







タクシーチケットは、値段設定がもともと高いけど、それ以上上乗せされないという安心チケット。




たいがいの旅行者は、このチケットを使うはず。







でももし、メータータクシーだと、ちゃんとキロ数で計算されるので明瞭会計。




これだと、距離的にタクシーチケットの半額以下で行ける。








ただ・・・




私の持ってるルピアがかなりギリギリっぽくて。






もしメータータクシーに乗って渋滞に巻き込まれたら、それをオーバーする可能性がある。






ってか、この時点でタクシーチケットは買えないとわかってたんです!!←超貧乏。笑








なので・・





私はこの手段を選んだ。











「私、今〇〇ルピアしか持ってないのね。




超貧乏なの私!!!






この金額で行ってくれる人ーーーー!!!」








私は、群がるタクシードライバーにこう提案した。







勿論、私が持ってるルピアはもう少しある。




でも、私を騙した罰として、私もこう交渉するまでだ!!









そして私は知っている。






今いるお客さんは、私だけだってことを!!!←めっちゃ強気。笑










さーどうするドライバーたち!!







ぼったくれない貧乏客で、タクシーチケットの半額くらいの提示額。






でも、行かなきゃ収入ゼロ。





行くが賢いだろうこのシチュエーション!!!










「僕が連れて行こう!」




この金額で交渉成立したのは、ドライバーGだった。








なんと、彼のおばさんが埼玉に住んでるとのこと。




なので、なんとなく日本語が話せますし、上手で私も理解できます!!






これはラッキー♡








40分くらい、インドネシアのあれこれの情報をくれたり。




人間味のあるGは、おもしろい話もいっぱいして笑わせてくれた!!






1日貸し切りでいくらとか、ばっちり宣伝もしてくれた(そりゃ営業大事だよね)!









ホテルに着いた時も、ちゃんと宿の人に話してくれて。




無事に一人でチェックインできました!!







あのままタクシーチケット買わなくてよかったよ。




約半額でここまで来られたんだから!










素敵すぎる、バンガローばかりの宿にチェックイン。






f:id:blue723moon:20181109191012j:plain


こんなハネムーンちっくなベッドに少しおののき。。笑





f:id:blue723moon:20181109191107j:plain


f:id:blue723moon:20181109191150j:plain


f:id:blue723moon:20181109191322j:plain

↑ベッドは、ロフトあがるともう一台あるのです。



なにもかもハネムーン仕様やんけ!!!









あとは、あの人がここに来るのを待つだけ。




その人と、ここで待ち合わせをしていたのでした。